お気に入りのバッグを手放しました

以前、ラクマでミナペルホネンのボディバッグを買ったことを書きました

先日ミナペルホネン のボディバッグをラクマで買いました ファブリックはタンバリンで素材はポリエステルのものです タンバリ...

普段使いの鞄として仕事にも買い物にもほぼ毎日使っていました

裏地にアタリが出ている箇所もありましたが、それでもメインの素材がポリエステルだからか使っている分には全然傷みなくきれいでした

そのバッグは中古品をラクマで19000円くらいで購入したもの

手放す時はメルカリで18000円で売りました

手数料とかを引くと実質の売り上げは16000円でした

3000円で約1年間、定価25000円のバッグが使えたとなるとお得だったように思います

本題に入りますが、なぜ手放したかというと…

単純に使いにくかった!

ただそれだけです😅

可愛いくて持っていると気分が上がる、使いにくさは可愛さでカバーできていましたが、この鞄を持っていることにも慣れてきて使いにくさを可愛いさでカバー出来なくなってきたんでしょう

ある時急に嫌になりました

理由は

①たくさん入るけど中身がぐちゃぐちゃになる

②細かいものをポーチに入れて工夫しても財布が底に埋れて取りにくい→レジでもたつく

不満はこの2つだけですが日々のストレスになり手放すことにしました

今は以前使っていた黒のトートバッグを使っています

ボディバッグは斜めがけ出来るところは便利でしたが、トートはできません

そのデメリットを除いてもわたしにはトートバッグの方が使いやすかった

使いやすい鞄って永遠のテーマかなと思います…

鞄に入れる物も生活の状況によって違うし、鞄に求める機能やデザインもその時々で変わるし…

今回憧れのミナのボディバッグを手にしたわたしでしたが、自分には合っていないことがわかり勉強になりました

ただ、ハイブランドのものは中古でもそこそこの値段で売れるので挑戦してみる価値はあるかなと思います😮

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする