mパターン研究所のダッフルコート 完成しました!

やれば出来るとはこのこと…わたしにも出来ました😭

取り掛かってから約1ヶ月半 やっと完成しました!

こちら

どどーん!

写真もきれいに撮れました✨

斜めから見るとまたなんとなく立体感?

地味に大変だったのが紐を縫うこと💦

正直そこが唯一うまくいかなかったところで紐の端がボサボサっとしています

紐だから仕方ないかぁーとおもってそこは妥協してしまいました😓

mパターンの仕様書は丁寧で、この通り作れば誰でも出来るんです

丁寧で優しいんですが、時々わたしには 逆らって出来なくても知らないよ?と言われてるような気分になるんです

手を抜きたいけど 痛い目みたらどうしよう…みたいな笑

ひとつ逆らいました

この紐の周りのステッチ

ステッチのラインをしつけしなさいというんですね

わたししつけが大嫌いです

mパターンの言うことなら聞こうと思ってたんですが、しつけをするためにもラインが必要やん?となると結局チャコか?ならチャコの上を縫えばいいじゃないかと

うっすらチャコの色が残ってますね

チャコで写した上をとりあえず全部縫いました

結果、それぞれ幅がなんとなく違う残念な結果に😂

mパターンさんに嘲笑われましたね

チャコの線が縫っていてよく見えなかったのとチャコの線の幅も太かったのでそういう誤差が重なって変になったんだと思います

気にしなければ多少ずてれもスルーでいいんですがここまできて妥協するか?という自問と、上の仕様書の下の方に書いてある このステッチは目立つ為 という言葉が罪悪感を引き立たせて 結局全部ほどきました

でもやっぱりしつけ自体うまく出来る自信がなかったんです!

そこで閃いたわたし!

チャコを引くために作った型の真ん中をくりぬいてこのようにセットしてマステで止めました

そのまま型のギリギリを縫えば間違いない✨

天才かと思いました笑

すごくうまくいきました

チャコの上を恐る恐る縫うのと比べると圧倒的な速さで出来ました

これは完成直後、糸印を取る前の状態です

この糸印もその都度抜いたって支障はないはずなんですが、いつ間違えるかわからない、いつほどいて戻るかもしれない恐怖から最後まで抜けないんです

この糸を抜く瞬間が最高に気持ちいいです笑

やってやったぜmさんよ!って感じになります

ちなみにこのダッフルのパターンは今売られているものとは違います

昔のパターンで、廃盤する時に買いました

ちなみのちなみに廃盤になるシングルトレンチの型紙も買ったのです😂

この苦労を忘れた頃に作ろうかな…

ダッフルの話に戻りますがパターンは今の方が少しゆとりがあるんじゃないでしょうか?今はゆったり目が流行りですし

これは丈も膝上くらいでミドル丈って感じですかね

わたしはそんなに背が高くないので短すぎずちょうどいい丈でした

流行り廃りはあるかもしれないけど、昔のmパターンの型紙の方がデザインが良かったなぁと思います

あれも欲しいこれも欲しいと何回もページを見て写真が目に焼き付いてます

モデルさんもアンニュイな雰囲気っていうか、ELTのもっちーみたいな感じの人で絵になってました

後半話が脱線しましたがダッフルコートの製作レポをしてみました

これを経験にまた色々作りたいなと思います😊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする