メルカリのコツ 商品説明の書き方

昨日は写真の撮り方について雑記しました
今日は商品説明の書き方について書こうと思います
連日こんなことばっかり書いてヒマかよと思われそうですが、実際ヒマなのかもしれません…🙄

あまり難しく考えずに事実を書く

洋服を例として、書いた方がいいものを羅列してみます

○商品名、ブランド

Tシャツなのかブラウスなのか

無名であればノーブランド、セレクトショップで購入したならそのように記載

○サイズ

タグに書いてあるサイズ表記

○商品の状態

新品以外はどのくらい着たのか

10回以下であれば覚えている回数または数回着用と記載

メルカリは出品登録時に商品の状態もサイズもプルダウンから選択しなければならないですが商品説明にも書いてあった方が親切です

また着用頻度1,2回でもすぐに毛玉ができてしまう服もあるのでちょっとしか着てないし綺麗な方だと勝手に判断せず、商品の状態をちゃんと書きましょう

逆にたくさん着たのに素材が丈夫であれば着用感なく綺麗な状態の服もありますので、その場合は  何度か着ていますが着用感はあまりなく綺麗です  といった風に書くと伝わりやすいです

サイズ表記について 実寸を省ける物

ユニクロや無印良品など誰もが一度は着たことがあるであろうお店の服がありますよね

カーディガンやTシャツ、布帛シャツなどベーシックなデザインの物であればわざわざ肩幅、身幅など計測して記入しなくても見ている人はMやLのサイズ表記だけでだいたいわかるので省いていいと思います

出品時に測るのは案外めんどくさいものです
購入意思のある方や迷っているような方はコメントから質問してくるのでそのときに測っても大丈夫です

ワンピースやチュニックなど丈が長め、短めの物はあらかじめ記載しておいた方がいいかもしれませんが、面倒であれば自分が着用したときに膝丈だったのか膝上だったのか、そんな風に書いても見ている人には伝わります

商品説明 例題

このカットソーを出品したとしましょう
設定として着用は週1回くらいの頻度が2ヶ月だったとして着用回数は8回とします
汚れや毛玉もありませんがカットソーなので洗濯にともなって購入時と比べ少しくったりしてきたかもしれない


無印良品で購入したボーダーのカットソーです
サイズ表記はXS-Sサイズ
ゆったりとした作りなので普段Mサイズを着用している当方でちょうどでした
数回着用しカットソー生地なので多少の着用感はありますが毛玉や汚れはなく比較的状態はよいと思います

私はこんな感じの説明で出品します
すごくあっさりしていますが実寸以外の必要なことはほぼ書かれています

上記の文章のポイントは多少の着用感はあるが比較的状態はよいと思いますという点です
自分は綺麗だと思っていても相手がどう思うかわかりません

私はよっぽど綺麗な状態でない限り多少の着用感がありますと念のために書きます

買った人ががっかりしては自分も残念です
さらには評価も下がるかもしれません

多少の着用感あり、多少の使用感あり は自分を守るための魔法の言葉です

商品の状態については一言で片付けず、相手のためにも自分のためにもわかりやすく書きましょう

商品説明が大切な理由

理由は二つです
❶トラブル回避
❷即決率を上げる

❶について
目に見える難点は写真で撮った方がいいのですが、どうしても写真では伝わらない部分があります
どこが色褪せてるとかどこがくたびれているとか、実物を手にとったときに見て取れるマイナスな情報を書いていないとトラブルの元です

❷について
商品説明がしっかり書いてあると安心感があります
その中でも値下げ交渉をしてくる方はいると思いますが、値下げ交渉を横目に即決購入してくれる人も少なくないです
出品した当日にいかに値下げ交渉されずに売るかというのも高く売るためのポイントです

商品説明を書くのはめんどくさい部分ではありますが慣れると早くなります
トラブルになると余計にめんどくさいです

リサイクルショップにもって行かずメルカリで売ることを選択した時点で手軽さよりもめんどくささをとったということで我慢して頑張りましょう!

偉そうにツラツラ書いてますがわたしも売れていない商品はいくつかあります
場所もとるし困ったもんです

どうやって売りさばくか、値段設定などをまた今度に書こうと思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする